不動産登記

 

不動産登記

「この土地は私のものです。」、「この家には銀行の住宅ローンがついています。」といった、目には見えない『権利』を誰にでもわかるように形にしたもの。それが『不動産登記』です。不動産登記は、大切な財産である土地や建物の所在地や面積のほか、所有者の住所・氏名などを公の帳簿(登記簿)に記載し、これを一般に公開することで、これらの権利関係を公示し、国民の不動産取引の安全や円滑化を図ろうとする重要な制度です。
当事務所では、お客様に代わって登記申請書類を作成し、法務局への登記申請を代理いたします。

 

不動産の贈与

  • 相続争いが起こらないよう、自分が生きているうちに、不動産を贈与したい
  • 不動産を子供と共有していたが、自分の持ち分を子供に贈与したい
  • 田舎にある不動産を、自分の兄弟に贈与したい

など、いろいろな理由で不動産の贈与をお考えの方。
当事務所では、不動産登記はもちろん、各種契約書の作成等もお手伝いいたします。
まずは、お気軽にご相談ください。

 

不動産の売買

不動産の売買については、売買契約を結んだだけではその不動産の名義が勝手に変わるということはありません。不動産売買の契約を締結して代金を支払う際には、代金は支払ったけれど名義変更がされていないというようなことを防ぐために、登記手続のプロである司法書士が取引に立会い、登記名義の書換に必要な書類がそろっていることを確認いたします。同時に、登記名義の書換の申請を行い、買主様の所有権を保全します。
親族間・ご近所間等での売買で、売買契約に必要な手続・書類が分からないというような方も、アドバイスをいたしますので、お気軽にご相談ください。

 

ローンを完済したら(抵当権抹消)

ローンや借金の返済が終わっても、担保は自動的には消えません!抵当権の抹消の登記が必要です。
住宅ローンの返済が完了しましたら、金融機関は抵当権抹消登記に必要な書類を交付してくれます。抵当権の登記を抹消せずに放置しておいても、罰則等はありませんが、金融機関から受け取った書類の有効期限が切れてしまい、余計な費用がかかってしまうことがございますので、早めの抹消手続をお勧めいたします。
抹消登記手続に関し、それほど大きな費用も発生いたしませんので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

その他

所有権保存登記(不動産の所有者がはじめてする登記)、財産分与による所有権移転登記、住所変更の登記、抵当権設定登記、賃借権設定登記など、不動産登記に関するお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。豊富な経験に基づき、お答えいたします。

 

お気軽にお問い合わせください。TEL: 079-558-8138